2018/10/25     

今日はデッサンについて考えながらデッサンしていた。

描く前に、描くものをどう描いて進めて行くか

鉛筆はどれを使うかだいたい決める。

突然描かずにイメージトレーングと言うか頭で整理。

必要な鉛筆を吟味して削り並べる。

使う鉛筆、画材を並べ一枚写真。

後になって知りたくなった時便利。

画材何を使ったか知っておく。

いざ、デッサン

紙を絶対傷めないように進める!

強い筆圧はもってのほか

突然黒くするのもなし。闇雲にタッチを雑にかけるのもなし。

適材適所に薄い色から積み重ねて行く。

真っ黒ならば塗り重ねて黒にして行くが

他の色と比べて濃くして行く必要があるため

部分的に進めるのもなし。

全体のバランスを診ながら丁寧に丁寧に。

無駄な線を極力引かない。

輪郭線でかかない。全て面で進める。

回り込みこそ腕の見せ所。

隣り合ったものの濃淡で全体を仕上げて行く。

最終的に密度を上げて行く。

ここで初めて筆圧かけて

くっきりとピント合わせの作業。

一番面白い時であり、難しく、個性の出しどころ。

最後に美しくするためには始めの段階から

積重ねの層が美しくしてくれる。

だから最初から丁寧に塗って行く事が一番の近道。

完成してから

一晩寝かせる。

朝の自然光で、第三者の目で自分の絵を

見てみる。

人に見せてみる。

2018/10/05     

ここ数日走る事についてすごく考えてる。

1年頑張ってきたレースが近づいて来ている。

今、すごく深く走る事に向き合い真剣に取り組んでいる

自分が居る。

それなのに、それだからか?上を上を見てしまい

まだまだ、もっと出来るのに甘えてる。と思う事が多々ある。

でも走る事が全てじゃないからすべてを走る事に捧げられない。

でも。思い切り走りたいと思っている。

全身全霊捧げてみたいって思っている。

走る事ってはっきり言って理想中の理想と気づいてしまった。

もちろん絵やものつくりは自分の核だからやめたりしない。

走る事はまた違う。

身体一つでどこまでも行けるという求めていた事。

こんなに走る事が人生に入ってくるとは思わなかった。

9割一人で走っている。

人と一緒に走る事はとっても特別。

とっても贅沢なのは速い人に後ろにぴたりと

つかせてもらい背中見てひたすら走る事。

勝手に親しみを覚える。

何にも知らないのにその人がわかる気がする。

去年のつくば前から

自分の走る事を深く深くしてくれる先輩が現れた。

ただ走るだけでなく、様々な走り方や

走る事に捧げることとか。

ただ、ばったばたと走って来た自分に

こんなこともあり、こんな世界もある。と。

モノクロの世界に鮮やかに色を付けて行ってくれるような。。。

目標タイムだけじゃない何か。

スタートしてゴールするだけなのに

こないだ皇居で走った時

すごく久しぶりに身体の奥に点火された感じがした。

自分ももう絶対あきらめないって思っていた。

途中であきらめたりゆるめたら次に持ち越されるだけ。

フルマラソンの経験は3回だけ。

でも全てに全力出せた。

去年のつくばも、もう1mmも余力は無かった。

出し切ったのに間に合わなかったから、悔しかったけど

練習に打ち込みすぎた。

その後の故障は私に弱さを与えた。だからすぐに

ブレーキがかかる。アクセルしか無かったのに

この先も自分の目標を達成して行くなら

ただただ苦しい。

もっともっと走れると思い込んでいる。

もっともっと走りたい。

2018/09/11     

知るって事について今日考えていた。

(よく考える)

何にも知らないのって身軽だ。

興味を持つと知りたくなり、想像したりもするし

探って知ろうとする。

知りたい欲求ってすごい。

また、、難しいのが

何となくわかっていても知らないふりするのも大人

なのだろうか。

はっきり言って大きなニュースざっくりしか知らない。

知っている事が僅かでも

小さい断面の一つ一つを重ねて知る事もある。

自分が感じ取る小さな僅かな知識が思いになる。

わからない事も見えない部分も

交差しない事もある。

そうかそうか、知りたいんだ。

と俯瞰で眺める自分が居る。

2018/08/23     

夏の日々。。。夏がとても好きです。

夏が終わる今が一番辛く。。夏に対する愛が湧く。

今もランニングにショートパンツ。今はショートカット。

軽くてたのしい。

今日朝一番から絵を描いていた。描いている時走る事を思う。

絵が終わって夕飯作って夜になってから淡々と走り始めた。

走ってる時描く事を思う。

走りながら髪をもっと切りたいと思った。

小さい頃から男の子で生まれたかった。

今も時々男だったら良かったなって思う。

モッともっと走れたかなって思う。

好きな人みんなと男友達になれる。

今も大好きな先輩達に連れ回してもらってる。でも

結局女なんだよなぁって思う。関係ないけど。。。

こないだ辰巳で5000くらい泳いでへとへとになり

新木場の駅に向かったら女性がみんな美しくて

びっくりした。女性って美しいなって。

なんか今自分は女でも男でもない。

中間の生き物。何じゃこれ!って思う。

力一杯駆け抜ければ性別どっか行っちゃうんだなぁって

いつか夢は山を駆け上ってどこまでも走って行って

飽きるまで美しい動植物を描き

海を泳いで渡って魚を探したり遠くまで泳いで

島へ渡ったりしたい。

全部全部自分の力で体一つで生きれたら楽しいな。

2018/08/06     

暑い暑い夏ですが、やっぱり夏は楽しいです。

でもいつもと違うのは。。。もう8月だって言うのに海に行ってないところです。

珍しい。。。というか初めてじゃないかってくらい。

5日は海練後に葉山で遊ぼうと思ってたけど、

ガッツリと二日酔いで断念しました。一番危険行為です。

近頃、人物強化していて

身近な身近すぎる家族を描き倒しています。

なんどもなんども描いていても人物は難しいし

楽しい!!

モレスキンにちょっとずつ描き溜めて楽しい。

そして今ブームはボールペンです。

机の上にはペンが100本くらい転がっています。

でも結局鉛筆に戻る。

そう、ペンタブレットも使ってみてみて色んな機能を駄目だし

したとしても、色々と可能だったりして。。。

はっきり言って紙に書いた方がいい!!

それだけ。紙が一番。と自分が思うから人それぞれでいい

のかなぁって思ってます。

あと、紙で描いても色んなやり方わかってるから便利です。

紙はきれいに描けます。奥行きも深さもあるから。。。。

モレスキンの紙も好きです。

色んな紙を経験すると楽しいです。

2018/07/28     

連日の猛暑!からの台風のお陰で涼しい週末です。

この夏の暑さにはじめはちょっと怯んで、さすがに無理かなって思ってたけど

暑さのなかでの過ごし方?がなんとなくわかって

楽しくなって来ていた。ようは暑いんだ。

それだけ。

たくさん汗が出て暑いから少しこま目に気をつける事以外

いつも通り。。。と思う。

だって暑い!ヤバい、熱中症になる!ッてばかり思ってると

なんかそう言う気になってしまう。。。。

もちろん無理はしないし気をつけたり工夫はたくさんする。

やっぱり夏が好きだ!と思う。

先週の日曜日は初めての試みで、企画を通させてもらって

勤務するデッサン教室で水張り講座を開催しました。

自分自身も予備校に入ってすぐに習い、今でも初めてレクチャーしてくれた

先生の事を覚えている。技術は直接教えてもらった方が良い。

一度教われば必ず自分のものに出来るから。

選択肢の幅が広がったり

技術を持っている事は荷物にならないし素敵な引き出しだと思う。

自分が知ってる事で、誰かの役に立ったり才能が開花するような

ことに役立てたらとても嬉しい。

2018/07/12     

急な梅雨明けから毎日暑い。

隙間の時間で夏だから出来る事をする。

水回りの事が多い。でもやるとすっきりする。

記念に買った青くて大きな紫陽花を庭に植えるスペース作るのに

厄介な笹やら、ドクダミを刈ってきれいにした。

不思議と土や植物に触れていると絵が描きたくなる。

土の匂いから特別な季節の匂いがする。。。

何でも良いから描きたい気持ちで居るのに

それをきちんと実行する難しさ。。

焦らず、じっくりと下絵からいきます。

先ずは自分との自問自答から入り手を動かし明確にして行く。

ここが本当に難しいけれどこの作業無くしては絵は始まらない。

走っていると、夏の樹は秋に向けて着々と準備をし

美しい若い色の実を付けている。。

走るのをやめて見とれるくらい。。。いつも欲しいと思う。

でも自分がその実を手に入れたところで

実にとっては迷惑だし、なんの役にも立たないけど。。

秋になったら自然と落としてくれた時

一つだけもらえたらなぁと。今から樹に挨拶しておこう。

2018/06/23     

雨だなぁ。。。雨落ち着く。

さっきもう走って来てお風呂にいってお昼ご飯食べて、、

いつ昼寝してもおかしくない午後三時。

無性に唄いたいような、、、なんか描きたいような。。。

特別なんかやらなきゃいけない事も無いし

切羽詰まってることもない。。。

やっと日常が戻って来たような。

毎日走る事にも体が答えてくれている。

今日は特別な日ではないけれど

30代最後の39歳最後の日。

30代は色々ありすぎた。

その色々は色々。たくさんのチャレンジがあった。

チャレンジし過ぎ笑

チャレンジとは一人では出来ない。戻ってきて待ってくれてる人がいるから

やれるしやろうと思う。

挑戦して帰って来て喜んでくれる。成績じゃなくて

私が満足した事にホット胸を撫で下ろしてくれる。

自分一人でがんばったなんて思ったら馬鹿だなと思う。

わかった事。1本通っていることは強いから

理解者は少なからずいる。けど、通す事で弱い部分は自分も見落とす。

誰からも好かれるわけじゃないけど、自分が正直でいれば

好きなものから嫌われる事は無い。

正直は時に強いから誤解される。

相変わらず敵はいっぱい作っている笑

相変わらず好きな人達はいっぱい居る。

尊敬し、想像し、思いやり、届かない事は

ひたすら願う。

40代は温かくいきたいな。

2018/06/21     

月に一度ある事って珍しくない。

例えば給料日とか?締め切りの日、雑誌の発売日とか、、

自分が好きな月例マラソンも月に一度。

ここ数ヶ月新たな月一練習があるけれど

ラン練習だから雨も降っては駄目だし走れないと開催されない。

時々雨でも、走れなくても良いんじゃないかなって思うけど笑

怪我をしてしまいずいぶん練習出来ない時も思った、

走る人とは走れなければ会えないのか、ということ。

走る事で繋がると言う事は走るから繋がるのか

走れなければ繫がりはほどけるのか?

気づけば走る生活も続いている。

いつからか走る事がご褒美みたいになっている。

それを一緒に出来る人は限られている。

走らなければ会えなかったんだろうな。

2018/06/20     

誕生日のちょうど7日前の17日、知多半島開催の

日本で唯一のアイアンマントライアスロンに出場して来ました。

その日だけピカピカに晴れてくれて

心配してた寒くないか問題も全く問題なく思いきり出来た。

知らない土地の初めてのレースに心細くなったし、

一人きりのような気がしていた。

今までの経験に無い事ばかりで、まずずっと山があって下りがあって

思うようにはやらせてくれないコース。

時間は6時間ととても長かった。

いつものマラソンとかのレースならば

好きな人々の顔を思い浮かべたり、家族を思ったりするのだけど

ほとんど自分しか出てこなかった。

自分とずっと対話。

だからすごく辛かった。

でもいつも答えはまだまだ行けるよ!って自分は

答えるから緩める事が許されなかった笑

しぶといなぁ〜って自分に笑いながら!

バイクからランに入る時とってもトイレに行きたかったのに

1秒も無駄にしたくなくなりギリギリで走ってた。

今思えばすっきりしてしまった方が速かったんじゃないのって

思うけどほんとうにしつこいから、誘惑に負けなかった。

病気になっても良いからここは走り抜けたいって思ったから。

走っていて抜かれる事は無くて、ずっと男性を抜いて行ってた。

だけど残りの3〜4キロあたりで、すっごくはぁはぁいいながら

沿道の応援にありがと〜って答えながら必死感漂わせてる

女性が真後ろに迫った。もう苦しくて苦しくて

早く抜いてくれ〜と、言う感じだったけど

緩めるわけにも行かず。。。。でも自分に集中してた。

最後のエイドで私は止まらず、その後彼女の気配は無くなった。

そうしたら、もう一人前を行く女性が現れた。

女性は抜かなきゃいけない!と思ったけど

もう脚は死んでてゴールに辿り着くだけでいっぱいいっぱいだったから

抜けなかった。。。

とっても満足いく結果だったけど

ぶっ倒れては無い。。。

もしかしてもっと出来る!って思ってる笑。

Page 3 of 2812345...1020...Last »