2019.10
2019/10/17     

ずっと絵を描いてる

締め切りじゃない絵。自分の絵。

走るか描くかの生活。

時々、疲れると、行ってみたい山を本でめくってみる。

これを描いたら、、あの仕事が終わったら。。

もう一度近くでいいから山に行きたいなと思う。

気づいたら山を描いている。また!笑。

ただ行っただけじゃなく、持ち帰れた気がする。

ずっと悩んでいたテーマが決まった(遅いけど)

太陽の下で。

私の人生はきっと太陽の下にある。太陽に暖められて

生きてる。

苦しくても太陽が見てる。

大きな光の下で体を動かしていたい。

タイミング的には時間がない。

だけど無理矢理にでも年内に開催がしたい。

父の名前には陽が入っている。

太陽の下で。

私はずっと元気でいるから。

ずっと絵を描いているから。

突然走り出した娘を元気でいいなぁと嬉しそうに

見て言ってくれた。

何でも思い切り愛する力を与えてくれた。

小さい頃、二人で父の故郷へ旅した。

父と再び旅することになった

最後の旅かもしれない。

2019/10/16     

今朝とっても嬉しい報告いただいた。

本当に嬉しかった。

誰にもわからない、いつまで。は本当に不安だったと思うし

いろんな時間だったと思う。。。

少しずつ終わりが見えてきている。

本当に良かった。

自分は走れているのに、聞くたびに触る度に胸が痛んで

その人が走れないのは

私の中でともしびが消えたようなそんな時間だった。

一人で走る時間の中でもいつもいつも暖かく感じていて

指標でいてくれたから。

走っても走っても意味がないような、自分の真ん中に

いつも強い自分がいたのにどこにもいなくなって

どうやって走っていいかわからない時間もあった。

大きい存在

私なりに走ることを見つけ、目標を見出して

走ってた。でも

今日の報告いただいて涙出た。

本人じゃなきゃわからない苦労、辛さいっぱいあったと思う

少しでも走れた事が嬉しいし、走れる喜びが私にもわかる。

走るって誰にも出来て何もいらないのに、

何がかけても出来ないような。。。

元気でいること、健康ってかけがえのないもの。

励ます言葉もうまく言えなかったし

結局なんの役にも立てなかったけどいつも必ず

もう一度走れると信じていたし、絶対に良くなると願ってた。

この先もずっと願っている。

ずっと何事もなく走れますように。

そして一緒にまた走れますように。

2019/10/03     

山に行ってから山ばかり描いている。

好きなものしか描けない。

好きになると描くしかない。描くことでしか近づけない

山に行く前は全然描けなかった。

どんなに資料見てもうまく行かなかったのに

3週間前に連れて行ってもらってから描けるようになった。

気持ちは毎日山に出かけていた。

好きなものをかけるのは嬉しい。そして好きになった気持ちを

少し絵の中に織り込んでしまっておくことができる。

手紙を書きたいなと思うけどずっと書けずにいる。

以前書こうとして何も出てこなかった。

SNSと手紙は明確に違う。手紙は絵に似てる。

すごく近いと感じる時とすごく遠い時がある。

すごく遠くに見えていた山頂は突然近く、目の前のような。。

近いと感じていた山が実はまだまだ遠いような。。。

SNSも自分だけど、自分で書いたものしか信じられないような。

平安時代とかそんな時代ならば

容易に会うことすらできない。手紙には何を書いただろう。

ものすごく一言一句が大事だったはずだ。

次に会う日時を書くかな?ありのままの気持ちを書くと思う。

美しかった山を描くかもしれない。

綺麗だった島を描くかな。。。

絵を描いたり、文字を書いたり、山を歩いて

道を走って、海を泳いで。平安時代の自分も変わらないかも。

歌も歌ってるはず。