days
2020/04/28     

携帯が、週末になると携帯を見ている

1日の平均時間を教えてくれる。

コロナの前は結構見てて、でもしょうがない。と

思ってた。

もともと分刻みで忙しいタイプじゃないけれど

適度に用も仕事もあって、重なったりすることもあった。

今、仕事はそのままだけど人に会う予定が

全部なくなったし、出かけもしないから

時間がある。

不思議と全く携帯を見なくなった。

見るには見るけど連絡が来た通知のついでに

のぞくくらい。

そもそもFBなどのネットリテラシーに嫌気がさしているし

SNSのほとんどは話3分の1くらいに受けとらないと。。

週末の通知は、携帯を見る時間がいつもの8分の1まで減った。

時間があるから携帯を見るわけじゃなかったと

気づくこの頃。

会えないからこそみんなと連絡がいつもより頻繁だから

なんだか充実している。

GWの予定も安定の何もなし。

これは感染症なくてもあっても毎年同じ。

GWまでの仕事も全部終わらせちゃった。

掃除もほとんどやった。。。

どうしてもできなかったブリッジもできるようになってきた。

足はいつも痛い笑。走りすぎ。

こうなったら。。。あれを、やってもいいかな!

歩いて地図を作成したりはしません。。。

2020/04/21     

信じられない。のはすごく悲しい。

今、感染症の流行で、人と人との繋がりを

離さなければならない時。

引きこもるのが大好きで、やることなすこと

一人で完結することばかり、仕事も誰にも会わずに

遂行できる。

ここ数年、デッサン教室で講師をしているけれど

教えに行くというより、絵を描くことの

素晴らしさをいつも再確認して、生徒の皆さんに

デッサンの大事さを教えてもらいに行ってるようなもの。

一生懸命な姿や眼差しに自分がいつも励まされる。

そこには年齢も経験値も何にも関係がない。

気持ちが全て。

 

走るのが趣味の私はほとんど一人で走ってるけれど

時々、人と走る。

集団で知らない人とグループで走ったり、

仲良しランナーさんと走ったり。。。

練習では、速いランナーさんの真後ろに

ピタッとつかせてもらう事もある。

練習会では、ギリギリのスピードに挑戦する時

「前の人の背中を見て前を向いて!」と言われる。

死にそうになっても、背中を必死で追えばついて行ける時がある。

一人だったら走れないスピードでも走れてしまう

マジックが起こる。。。

知らない人たちと、水は回し飲みだったり

もちろん、接触ギリギリで後ろにつかせてもらうときは

今言われてるように、汗とか超浴びる。

それが嫌だと思った事もない。

むしろ汗も水も全部共有したい!くらい思うけど。。。

ダメなんだ、

もし、この感染症が収まっても私は変わらないと思うけれど

色々変わってきている。

もちろん、改善するところはしたほうがいいと思うけど

マスクをして、みんな頑張って走るところを見るのが

自分もマスクして走ってて、、苦しい。

でも今はグッと我慢しているのは、マスクして苦しくても

走る方を取る。理解されなくてもみんな走るの大好き

なんだなって思う。

信じることができれば、何にも問題じゃない。

今までもずっと好きな人たちを信じてきた。

好きだから信じられることが当たり前で

いられた。

信じることができないなんて、一番ストレス。

誰に会うにもどこへ行くにも気をつけて

守らなければいけない。

誰がかかってるかもわからないから。。。そして

自分自身さえ保菌の可能性があるから。。。

本当ならば!会いたければ会いに行き、

目を見て笑い会いたい。

会いたい!

この感染症が収まった後、何にも躊躇したくないと思う。

人を信じたいし、信じている。

信じて後悔した事があったかな?あったとしても忘れるくらい。

信じないで通り過ぎてしまうことの方が後悔だし

一度の人生、自分のためだけに生きるより

自分以外を愛し大切にして全うしたい。

そんな大事なものに出会えることはとても幸せなことだから。

信じられれば何にも怖くないなんて

宗教みたいだけど、こんな時、

信じているしかできなくて

 

2020/04/14     

いろんな情報から一息ついて、遮断し、落ち着く時間。

そういう切り替えも慣れてる気がするし、テレビがないのは

とてもいい習慣で良かったと思う。

一緒に時間を共有してきた友人たち、仲良したち

大事な人たちと連絡が来たり、こちらからしたり、、

元気?その一言とやりとり。

また一緒に泳ごうね、また一緒に走ろうね。

また一緒にご飯行こうね!

また一緒に。。。がたくさん。

笑顔や言葉や話し方がすぐに思い浮かぶ。

上部じゃない気持ちをくれる人たち。

送られてきた素敵なピアノの動画。

いつも音楽で励ましてくれる。

優しさでいっぱい。

週末はあそこへ行き、連休はあっちへ。

そんな日々が続いていたとしたら気づけないことも

今は毎日自分の家の中で

生活をすることにしっかりと向き合う時間

旅から帰ると、家のベットの気持ち良さに

あ〜やっぱり家が一番って思う。

帰ってきたなぁ〜って思う。

必ず帰れるからどこかへ行っていた。

今は。

目の前のことをしっかり見つめていたい。

遠くへはいつでも行ける。生きてれば。

2020/03/28     

明日、関東にも雪が降るという。

もう桜が満開なのに。

異常事態で今まで感じたことのない

恐怖に毎日毎日が変化し落ち着かない。

わからなくて怖い。

何もかもいつもと違う春。

だけど、夕方くらいからちゃんと宵の明星が

輝き出し、星空は季節をちゃんと告げてくれている。

星が、美しくて月が細くて美しい。。

自分が最近寝る前に思うことがある。

なかなか臆病になってしまったことだけど

そっと取り出してまた引き出しにしまうような。

最初から今日までのことを考えてもどんなに考えても

結果は変わらないけれど、

それよりも、一番大事なのは自分がどう思うか。

自分は。。。自分もまた

変わらないのは確かだとわかるし

忘れることもない。

2020/03/20     

夜明け前の空に月が綺麗で、今、木星や火星、土星も見える。

この空を見てるかな?と思う。

毎日願っていたことが叶った時に今度は自分が走れなくなり

そんな時やっと同じ気持ちになれた。

励ましも勇気付けもきっと軽かったかもしれない。

自分の存在もどうだったか。。。

できることなんて何にもなくて体が

治るまでひたすらの辛抱と時間だったと思う。

自分の故障は結局なにも効かなかった

ただ、時間が治癒へ導いてくれた。

休まなきゃいけない期間だった。

1週間以上経ってやっと気持ちが落ち着いたけど

はじめはいつものように懐かしい気持ちだった。

落ち着いてわかることが体の真ん中で残った。

どんなに押し出そうとしても見過ごそうとしても

気づかないようにしても、認めないようにしても

とても大切らしい。

目を閉じても

走ってる時々でも

まだ7割。

時間はたくさん過ぎている。

でも変わらないこともある。

2020/01/01     

あけましておめでとうございます!

2019年は充実して色々なことへ取り組めました。

今朝の地方紙の新聞ではイラストが掲載予定ですが

どんな風にどの地方紙に掲載かは未だ不明です。。。

走る方では。一気にフルマラソン3時間を切ることができて

練習の成果をしっかりと出せました。

夏に頑張りました。

2019年1年通して特に大きな怪我も故障もなく

走ってこれたことがとても良かったと思います。

走り始めて4年目の自分は、

「走るためならなんでもする」熱さがあります。

どんな用事もどんな気候にも優先して、またはやりくりして

走ります。

寒くて雨で冷えながら走ってるのに自分に厳しくて

この状態だからこそもう1周とか。。。

意味ないような精神修行。。。

練習に関してもどんどん距離は伸びています。

もちろんレースが控えてるのもありますが。。。

走ることが心から好きで楽しいということ。

生活の中で、いろんな時間の中で

とにかく走りたい。走っていたい。

目標のレースで速く走れた時の

最高の喜びと、開放感、安心感。

それをわかってくれる人たち。

12/31は朝をなぞるように大桟橋を目指しました。

青い輪をもらいました。

震える手できつく締めてもらいました。

気持ちや想いの熱さや情熱で人は動く

一番辛い時、美しい音をくれた。

涙は出なかったけど笑顔になれた。

思わず笑顔になる

ありがとうを毎日言いたい。

迸るような熱が美しい

2020

笑顔で強く!

2019/11/24     

 

嫌われることにまだ抵抗があった頃、

母に相談したら、

優しくされたいなら、優しくしなきゃ。と

言われ、すごく嫌だった。

自分が冷たくされて嫌なこと言われている相手に?

優しくするなんて到底無理!と思った。

無視までされている人にどうやって

優しくしなきゃいけない。、と思った。

あと、いつも言われていた事。

自分から挨拶しなさい。

目があったらにっこり笑って挨拶しなさいと。。。

挨拶には厳しかった。

挨拶だけ厳しかった。

そんな母だから、私が10年以上通うジムに

最近入ったばかりなのに、ほとんどの人たちと

仲良くしてて、私の友達とも仲良くやってる。

母は本当に明るいしみんなと仲良し。

どこへ行っても人気者だし楽しそう。

言われたその日から

自分も極力そんな風にできたらと思っている

自分が変わったら、周りも変化する。

でもなぜかどこへ行っても敵を作る

その代わり最高な友達もできる。

時々、ヘラヘラして笑って

傷つけられてるのにそれでも平気にしてる自分が

嫌な時もある。

でもそれでも変わらない気持ちもあるし

強い気持ちもある。

強くいるには

常に土台が必要でガッチリとした土台の上に立ち

自信を持っていたい。

どこまでも強い土台を作るのは自分自身。

弱い場所には強く立てないしまっすぐいられない。

時々ものすごく弱い気持ちになる。

その不安はどこから来て、気持ちを弱くさせるのか。

優しくできるって強さなんだと最近気づく。。。

強くなくちゃ人に優しくできない。

優しくしたい。

2019/11/20     

22時くらいになってくると焦ってくる。

きっともう寝てしまうなぁって。

これといってすることもないんだけど、、、

心の中でおやすみなさいをを言う。

今日もお疲れ様でしたって。。。

違う生活や違う時間の中生きてても

人同士は

時々会うことができるなんて素敵なことだなって思う。

どんなふうに思ったって勝手なんだぞって

開き直る。笑。

好きに理由がないように。

単純でそのままだから。

なんでこんなに会いたくなっちゃうのか

とっても不思議です。

もう少し慣れてもいいのに。

楽しみが先延ばしになった。

朝起きてしょんぼりしたけど、とっても楽しみな

時間が増えたと思えばいいんだと思ったら

すごく嬉しくなった。

約束があるだけでとっても幸せだから。

締め切りがあと二つ、描く絵があとふたつ。

やれるのかなぁ。

頑張らなきゃ。

2019/11/16     

ちょうど1週間経った。

翌日から最初の2日間が大変だけど、乗り越えた。

きっとまた次の時まで、、、と

ふんわり考えられるようになった。

なぜだかこの頃は柔らかく考えられるようになった。

心の深いところに温かなものが流れている気がする。

気持ちの豊かさと

優しい気持ちを持っていたい

2019/11/03     

レースも終わって1週間。

ものすごく穏やかに心が落ち着いていくのがわかった。

レース後3日は完全に走らなかったのに

気持ちが走ろうと前へ出てしまったり、焦りで

自分も走らなきゃ!とつい練習を考えたりと。。。

もう詰めて走らなくてもいいし結果も出せたのに習慣で

気持ちが鋭かった。

そんな自分に、だいぶ追い込んだんだね。と笑ってしまう。

1週間経って、ゆっくり過ごし

心から良かったと思える。

気持ちが丸くなって凪ぎるのがわかった。

どんどんそうなると自然と

心の中の人をたくさん思う。

           いつもと違ってなんだかほんわか考えられる。

すごく会いたいなと思う。

もうすぐな気もするけど、でもまだまだだし。。

それまでにやることやいくことろある。

カレンダーを見てあと何日。。。っていつも考える。

この待ち遠しい時もきっと幸せな時間なのかな。。

よく思い出すある日がある。

冬の寒い日。2月24日。

あの日から自分は変わってない。

よくあの時を思い出す。

何かで緩和させてみようと紛らわせられること

探したけど何もなかった。

性別とか生き物の種類とかもうどうでもよくなって

存在やその命そのものが尊くて

スケールが大きくなるこの頃。

いろんなことがあるけれど

何にも変わらない。

嬉しい。

これから会えることが嬉しい。

Page 1 of 2312345...1020...Last »