2019.8
2019/08/27     

北海道に行って純粋にフルマラソンだけを走り

帰ってきた。北海道でもう少しゆっくりしたかったと思ったけど。。

あの道と距離だけが思い出になった。

走ったのはまだ昨日のこと。

ずっと走りながら自分と対話し集中し何も見なかった。

予想も計画も当てはまらず、走っているうちに自分が

どのくらい走れるのか自分で気づいて行った。

練習したんだなってその時思った。

最後のゴールまでの数百メートルは道にたった一人で

ものすごい数の人に見守られて応援してもらって

鳥肌がたった。

すごく焼き付いている。

角を曲がったらすぐにゴールだよ!と言う声が聞こえ

角を曲がるとゴールが見え、電光掲示板で初めて

自分のタイムを知る。もう腕の時計をしばらく見てなかったから

どのくらいのタイムか知らなかった。

走って来た時間を知る。

嬉しかった。

とても嬉しかった。

こんな風に走れて幸せだと思った。

 

笑顔で元気に走りきることができた。

北海道という空気を思い切り吸い、

走ることがどのくらい好きかの順位をつけてもらった。

自分の意思に反応しついて来てくれる体が嬉しかった。

とても満足している。

2019/08/13     

やりたいことがまた増えてしまった。

行くべきところがある。

このために走り、体力をつけていたのかなって

思えてくる。

私はどこに向かいどこに行きたいのだろうと

不思議に思う。

興味が湧いたらすぐに行動している。

自分が冷静に考える前に、既に体はそこへ向かっている。

今までいつもそうだった。

でも今はいつか来るべき日のために焦るのを抑え

遠回りをすることに決めた自分に

今までにない確信があって、きっとそこへ向かう気がする。

したい事を成し遂げるには人に理解を求めている時間はない

理解されないのは当たり前で、自分の心の内は

誰にも話せない。話さなくていい。でも話したらわかってくれる人がいる。

いつも会いたいって思う。

 

本を読んでいる最中、心が忙しい。

涙が出て、何もないところでも涙が出る。

こんなに泣いていいものかと思う。

純粋である事、真っ直ぐであることは現代では

ちょっと皮肉っていうか面倒な人種として扱われる

気がするけど、本の主人公の圧倒的な純度に

自分がすごく曲がってる気がしてならない。

純粋さは知ってるもののシンプルさではないかと思う。

一つを突き詰める強さは純粋に見える。

私はまだ道の途中なんだと気づく。

とにかく走ることは人生を変えてる。

そのことに気づいた。

 

朝の4時に起きてまで走りたい人に

自分がなるなんて去年すらも思ってなかった。

目標のタイムを走れれば楽しいと思ってた。

その先があるなんて知らなかった。

走ることがどんどん自分をいろんな方向へ

押してくれて広げてくれる。

 

今は

まだ道の途中。