2019/11/24     

 

嫌われることにまだ抵抗があった頃、

母に相談したら、

優しくされたいなら、優しくしなきゃ。と

言われ、すごく嫌だった。

自分が冷たくされて嫌なこと言われている相手に?

優しくするなんて到底無理!と思った。

無視までされている人にどうやって

優しくしなきゃいけない。、と思った。

あと、いつも言われていた事。

自分から挨拶しなさい。

目があったらにっこり笑って挨拶しなさいと。。。

挨拶には厳しかった。

挨拶だけ厳しかった。

そんな母だから、私が10年以上通うジムに

最近入ったばかりなのに、ほとんどの人たちと

仲良くしてて、私の友達とも仲良くやってる。

母は本当に明るいしみんなと仲良し。

どこへ行っても人気者だし楽しそう。

言われたその日から

自分も極力そんな風にできたらと思っている

自分が変わったら、周りも変化する。

でもなぜかどこへ行っても敵を作る

その代わり最高な友達もできる。

時々、ヘラヘラして笑って

傷つけられてるのにそれでも平気にしてる自分が

嫌な時もある。

でもそれでも変わらない気持ちもあるし

強い気持ちもある。

強くいるには

常に土台が必要でガッチリとした土台の上に立ち

自信を持っていたい。

どこまでも強い土台を作るのは自分自身。

弱い場所には強く立てないしまっすぐいられない。

時々ものすごく弱い気持ちになる。

その不安はどこから来て、気持ちを弱くさせるのか。

優しくできるって強さなんだと最近気づく。。。

強くなくちゃ人に優しくできない。

優しくしたい。

2019/11/19     

3bws

展覧会のお知らせ

大島梢 Kozue Oshima 個展

「太陽の下で」Under the Sun

会期   2019年12 / 3(火)~ 12 / 8(日)

時間   12:00~20:00 / 最終日17:00迄

場所   DIGINNER GALLERY WORKSHOP

〒152-0035 東京都目黒区自由が丘1-11-2  MAP

03-6421-1517

問合せ  contact@diginner.com

Opening Reception  12月3日(火)18:00〜20:00

+

◆Statement

私はいつも太陽の下にいる。

その大きな光は世界を包んで

様々な色を作り出し、生きるものたちは命を輝かせている。

太陽のもとで生きるということは

毎日繰り返されて当たり前のことのようだけど、

とても特別だということに気づかされる。

太陽の光にあたためられて刻々と変化し続ける

地上の美しさを描いてみたい。

一人では8年ぶりの展覧会になります。

作品づくりやイラストの制作など変わらず

絵を描いていました。

ただ、この3〜4年の間に体を動かすようになりました。

20代後半から作品づくりをし発表させていただき

活動してきましたが、旅に出たりあらゆる自然に触れ、

また日常の中でも美しい形を見つけては作品に

していました。

今は自分で歩いたり走って毎日動いています。

海の中も泳いでのぞいて、、

いつも太陽の下にいます。

私の描くものは自然です。

その大きな自然に身を置きたくて、素敵な風景を見に行きたくて

ならば体力が必要だったのかもしれません。

自分の力で無人島に渡り自給自足の夢、笑

がありますが。。。。

自分の脚や腕を使って辿り着き見たものは

なんだか描ける気がします。

毎日走りに出かけると

昨日とは違う雲が空にあります。

真夏の夜明けには素晴らしい朝日と

空の色をたくさん見ました。

こんなに美しい空が毎日見れるなんて

なんて贅沢なんだろうと。。。

今日も雲を見ました。

1時間後にはいなくなってるかもしれません。

明日は別の空のはずです。

家に帰り、一息ついて絵に向かうとき

太陽をいっぱい浴びた体で描き始めます。

あぁ楽しかったな。

走れるようになったことは嬉しくて

また違う生き方が始まった気がしています。

Under the sun

という絵を今回出します。

この絵は旧作です。2012-13に描いた絵です。

火の鳥を描きたいというのが始まりでした。

Under the sunを訳すと、「この世は」とか

「この世界は」でした。

そのことにとても感動しました。

当たり前だけど、太陽の下とはこの地上全てのこと

当たり前に注いでもらった太陽のような愛情や温かさを

いっぱい感じてこの先も

ずっと生きていきたい。

太陽の下で。

2019/11/16     

ちょうど1週間経った。

翌日から最初の2日間が大変だけど、乗り越えた。

きっとまた次の時まで、、、と

ふんわり考えられるようになった。

なぜだかこの頃は柔らかく考えられるようになった。

心の深いところに温かなものが流れている気がする。

気持ちの豊かさと

優しい気持ちを持っていたい

2019/11/03     

レースも終わって1週間。

ものすごく穏やかに心が落ち着いていくのがわかった。

レース後3日は完全に走らなかったのに

気持ちが走ろうと前へ出てしまったり、焦りで

自分も走らなきゃ!とつい練習を考えたりと。。。

もう詰めて走らなくてもいいし結果も出せたのに習慣で

気持ちが鋭かった。

そんな自分に、だいぶ追い込んだんだね。と笑ってしまう。

1週間経って、ゆっくり過ごし

心から良かったと思える。

気持ちが丸くなって凪ぎるのがわかった。

 

2019/11/01     

初めてのフルマラソンからちょうど3年目、

とうとう3時間を切って走れた。

2:58:28でゴールできた。

どうしてもその日サブ3しなければならなかった。

本当は大阪国際女子で、と思ってた。でも早い方が良かったから。

ある願を掛けて走ることにした。前回の日記にも書いたように。。

私は今走れているけれど、走ってる人たちだけが

頑張っているわけではない。

疲労骨折した友人や靭帯断裂した方に

「私の分まで梢ちゃんは頑張って走ってよ、」と言われ

ハッとした。

怪我や故障で走れないランナーさんもたくさんいて

皆、頑張っている。

その方の分まではおこがましいけれど

走れるんだから精一杯頑張らないと!

 

ここで出す。必ずサブ3する。

いつもなら色んなモチベーションで走ったり

悔しいこと思い出して走ったりもするけれど笑

本当に集中した。

こんなこと言っても誰も信じてくれないかもしれないけど笑

走ってたのは私だけど、願いが私の身体を走らせてくれた

きっと走ったのは私じゃない。違う力が宿ってくれた。

所々では覚えているけれどほとんど記憶もないし

それは集中かもしれないけれど、走らせてくれた。

あれはなんだったのかなって思うほど。

今の自分の力では無理なタイムが出た気がして

ゴール後信じがたかった。

走りの神様がいるのなら、きっと公式戦の水戸漫遊マラソンにも

のぞきに来たはず。私の願いもきっときいてくれたはず!

叶えてくれると思う。

2019/10/25     

また、フルマラソン控えている。

怖いけど楽しみ。

ここまで走ってこれた。

そのことに感動してて嬉しい。

いろいろなことがあった。

心が苦しい日も走れば爽やかな自分が戻って来た。

絵が上手くいかなくても走ればもう一度やる気が戻った。

落ち込んだ日も走って帰ってくれば元気いっぱいになった。

憧れに近づけるような気がした。

頑張れば頑張るほど自分が納得できた。

自分を満足させるのはとても難しい。

真夏のあの暑い日々、いっぱい我慢して走ったこと。

脚が痛くて走れない日は何回あっただろう。

そんな時は誰にも話せず、誰にも気付かれぬよう

走るのを休んだ。

ブログもひっそりとお休みしていた。。。

痛くて走れないということを書けない自分を弱いと思った。

一日別のことをしていても、痛いところが気になり

気づけばさすっていた。周囲の人が気づいて「痛いの?」

と聞かれれば、「うん、ちょっとね」とプールに行った。

泳ぎながらも痛い箇所は痛みを出す。

泳ぎながら解れていくのがわかった。水の中は優しい。

水はいつも癒してくれた。

痛いだけで「どうしよう、また走れなくなったら」

そう思うだけで気持ちが暗くなったけれど、

治療してもらい少し休むをしてた。

膝の上の炎症で立とうとして、崩れ落ち歩けなかったことがある。

目の前が真っ暗になったけど、

あの時からよく回復したと思う。ついこないだの話。。

そんな繰り返しだった。

脚はよく頑張ってくれたと思う。

私の走りたいというわがままをいつも叶えてくれていた。

今週、レースの前だからだいぶ抜いている。

走る距離も短い。

脚が軽い。風が吹いただけでどこまでも走れそうな。。

すごいストイックだね、と言われることあるけれど、

走るためならなんでもしたい。

むしろ何も準備せず、体は走ってはくれないから。

心配なことたくさんあるけれど

またあの苦しさ味わうのか、と思うけど

きっと我慢できる。

42.195kmも走らせてもらえる。

ある願いを込めて走る。

どんなゴールになるだろう。

自分を信じてみようと思う。

 

2019/10/17     

ずっと絵を描いてる

締め切りじゃない絵。自分の絵。

走るか描くかの生活。

時々、疲れると、行ってみたい山を本でめくってみる。

これを描いたら、、あの仕事が終わったら。。

もう一度近くでいいから山に行きたいなと思う。

気づいたら山を描いている。また!笑。

ただ行っただけじゃなく、持ち帰れた気がする。

ずっと悩んでいたテーマが決まった(遅いけど)

太陽の下で。

私の人生はきっと太陽の下にある。太陽に暖められて

生きてる。

苦しくても太陽が見てる。

大きな光の下で体を動かしていたい。

タイミング的には時間がない。

だけど無理矢理にでも年内に開催がしたい。

父の名前には陽が入っている。

太陽の下で。

私はずっと元気でいるから。

ずっと絵を描いているから。

突然走り出した娘を元気でいいなぁと嬉しそうに

見て言ってくれた。

何でも思い切り愛する力を与えてくれた。

小さい頃、二人で父の故郷へ旅した。

父と再び旅することになった

最後の旅かもしれない。

2019/10/03     

山に行ってから山ばかり描いている。

好きなものしか描けない。

好きになると描くしかない。描くことでしか近づけない

山に行く前は全然描けなかった。

どんなに資料見てもうまく行かなかったのに

3週間前に連れて行ってもらってから描けるようになった。

気持ちは毎日山に出かけていた。

好きなものをかけるのは嬉しい。そして好きになった気持ちを

少し絵の中に織り込んでしまっておくことができる。

手紙を書きたいなと思うけどずっと書けずにいる。

以前書こうとして何も出てこなかった。

SNSと手紙は明確に違う。手紙は絵に似てる。

すごく近いと感じる時とすごく遠い時がある。

すごく遠くに見えていた山頂は突然近く、目の前のような。。

近いと感じていた山が実はまだまだ遠いような。。。

SNSも自分だけど、自分で書いたものしか信じられないような。

平安時代とかそんな時代ならば

容易に会うことすらできない。手紙には何を書いただろう。

ものすごく一言一句が大事だったはずだ。

次に会う日時を書くかな?ありのままの気持ちを書くと思う。

美しかった山を描くかもしれない。

綺麗だった島を描くかな。。。

絵を描いたり、文字を書いたり、山を歩いて

道を走って、海を泳いで。平安時代の自分も変わらないかも。

歌も歌ってるはず。

2019/09/04     

北海道から帰ってきて、2つあった締め切りが

終わる事ができた。安心した。。。

ホッとしたし、やっと一息ついた。

1つはボリュームがあったから少し大変だった。

寝室をきれいに掃除して、ベットの脇にヨガマット敷いて

いつでもストレッチや柔軟体操など筋トレなど

できるようにした。

描くことも、運動も、どっちも大事。

掃除はあらゆるところに派生して、

せっかく仕事のOKが出て解放されたのに

あちこちの掃除に時間を費やしてしまった。

階段もピカピカ、窓もきれいになった

さてw走りに行こうかな。

2019/08/27     

北海道に行って純粋にフルマラソンだけを走り

帰ってきた。北海道でもう少しゆっくりしたかったと思ったけど。。

あの道と距離だけが思い出になった。

走ったのはまだ昨日のこと。

ずっと走りながら自分と対話し集中し何も見なかった。

予想も計画も当てはまらず、走っているうちに自分が

どのくらい走れるのか自分で気づいて行った。

練習したんだなってその時思った。

最後のゴールまでの数百メートルは道にたった一人で

ものすごい数の人に見守られて応援してもらって

鳥肌がたった。

すごく焼き付いている。

角を曲がったらすぐにゴールだよ!と言う声が聞こえ

角を曲がるとゴールが見え、電光掲示板で初めて

自分のタイムを知る。もう腕の時計をしばらく見てなかったから

どのくらいのタイムか知らなかった。

走って来た時間を知る。

嬉しかった。

とても嬉しかった。

こんな風に走れて幸せだと思った。

 

笑顔で元気に走りきることができた。

北海道という空気を思い切り吸い、

走ることがどのくらい好きかの順位をつけてもらった。

自分の意思に反応しついて来てくれる体が嬉しかった。

とても満足している。

Page 2 of 2912345...1020...Last »