2019/07/15     

最近人物デッサンをよくしている。

ずっと避けていた人物を描くということ。

苦手だったこと。

人物は

描けば描くほど深くて、手が離れない。

毎朝、描いたものを見ては手を入れて新しい目で

新しい気持ちで見つめてみる。

レンブラントの人物がを見た。

光りと影がそこにあって空気までも伝わった。

瞬きしそうなくらい生がある。

そんな風に描けたら。。。憧れる。

自分の絵はまだ写真から起こしているだけだ。

それでも主観が入る。

気持ちが入る。

自分が見ているその人が見えてくる。

1枚描くのに3回描いた。

その全部が違う顔で違う人なのが不思議。

似ているか、似ていないかを飛び越え始め

人という存在を、眼差しを尊く思う。

言葉を使い、時間を共有し、携帯も使い

メールで話す。気持ちを伝え合ったりすることや

自分以外の人の気持ちを知るのにすべは本当のところ

何も存在しない。

自分の気持ちも時々見失うくらいだから。

描くことで、その表情の一つの中に

何年もかけて作られたその笑顔の綺麗さに

ほんの少しだけその人を知ることができるような、、、

もしも少しだけ近づけたなら、、と思うけど

絵にそこまでに力があるだろうか。

それが知りたい。

歳を重ねたり様々な経験で本当の自分を

奥にしまってしまう。自分さえ気づかないくらい奥に

仕舞っても、瞳を奥にしまうことはできない。

人の美しさの源にある目の美しさ

その人の見てきたもの、見ているもの。

5年、10年人物を描いていれば

少しは上手くなるかな、

実物は超えられないけれど人物の絵も偉大なテーマだと

感じる。

2019/07/09     

濃ゆい緑の島のこと

昨日からこの日記に書こうとするんだけど、

すっごく小さなこともさりげない瞬間も全部楽しくて

いっぱいありすぎて書ききれなくて文章が出てこなかった。

全てを書ききれないくらい1分1秒楽しかった。

ただ走っただけかもしれないのにすごく楽しかった。

ただ走ることがやっぱり特別な事でその時間は

何か他とは違う時間とか作用があるのかな?と思うくらい。

「行ってみようか?」って言葉がとてもワクワクして嬉しかった。

行ってみないとみれない景色がある事、教えてもらった。

晴れなくて残念ではあったけど、

雲や雨に守られて誰もいない島のようで

貸切だった。

後にも先にもない気がする。とても特別だった。

いつも思ってた事。

ザワザワしたお店の中、街の中、

声をを張って話す時、誰もいないところで

誰もいない空間でゆっくりできたらいいのにな。って。

宿で過ごした時間は本当に心地よくて

やっぱり本当に楽しかった。

小さな小さな一つ一つは自分もきっと忘れてしまう

それが嫌だなと思う。仕方ないけど。

たわいもない笑ったことや話したことが全部の思い出を

素敵にしてくれてるから忘れてもいいけど

やっぱり覚えておきたいことがたくさんあった。

嬉しかった。

とってもとっても感謝している。

一緒に走ってくれること。

いつも先にいてくれる事。

心配してくれるところ。

角部屋、慣れないスリッパ。

温かい食事

天上の傾斜

壁のツバキ

しょっぱい温泉

風の音、雨の音

窓の外の朴の花

大島牛乳と菓子パンふたつ。

三原山視界ゼロ

ふとんの上げ下げ

突風

古新聞

4:50に起こしてくれた事

磯ラーメン

montbellバーサライト

フェリーが離岸する時

膝の毛布

ピンクのロンT

また一緒に走りたい。

また「行ってみよう」したい。

幸せな合宿をありがとう。

2019/07/04     

今日は激し目の雨。寝ながら今日は走らないと決める。

雨でも暴風でもほんとは走れる。

走ってみると意外と走れる事が多い。

昨日の夜ヘトヘトになりながら描いたイラストを送ってホッとする。

今世間のだいたいの人々はこの時期を、梅雨を嫌っている。

どんよりして、蒸して、続く雨とか。。。

でもこっそりと私はこの梅雨が好き。生まれた時期だからというのもあるけど

落ち着く。

雨の音がするととても落ち着く。

晴れた空の下が好きだけど、降る雨があるから

潤う、全てが。

今週末の天気は晴れてほしいけれど

時間の流れがゆっくりとしてほしい。他の人よりもずっとずっと

感じる時間が長くなってほしい。

きっとあっと言う間に過ぎてしまう気がする。

自分の脚がもっと強ければ

ずっとずっとどこまでも走りたい。

どんな場所でどんな空気なんだろう。

とってもたのしみ。

2019/06/29     

カンボジアから帰ってきた!

おととい帰ってきた。日本は甘い匂いがした。

飛行機から富士山が見えて、胸がキューってなった。

大好きな人たちが住む国、私の国だ!って思った。

カンボジアは美しかった。すごく。

遺跡についてはまだ言葉にできない。

この旅で感じたこと、受けたもの、それはきっとこのまま

心にあるままかもしれない。

だって、あの美しさって偉大で、悠久の時の流れ全部ひっくるめて

全てが美しい。

私の思い出と心に大きな宝物として残った。

カンボジアへ行ってよかった。

帰ってきたら、素敵な約束があってそれが今日だった。

ドキドキして、嬉しくて待ち遠しかった。

誕生日のプレゼントを思いがけずいただいて嬉しすぎて涙出そうだった。

私にぴったりだった。私のために作ったのかな?ってくらい

ぴったりだった。

すっごくお気に入りになった。ずっとそのワンピースと毎日過ごしたいくらい。

それを着たまま何度も回ったし鏡見てニヤニヤした笑。

選んでくれた事、それを探してくれた事が本当に嬉しくて

胸いっぱい。

私も言葉にできない。

言葉なんて必要ないのかもしれない。

でも嬉しい。

嬉しいの1000万倍にふさわしい言葉ってないのかな。

ないのなら作ろうかな、何だろう笑

言葉にして伝えられるってとても贅沢。

言葉にしないで伝わるのもすごく贅沢。

ありがとうが一番近い。

 

2019/06/20     

久しぶりに一人で旅行に行く。

久しぶりすぎて全然想像がつかない。

荷物を完璧に用意できそうに無いから詰めるだけ

詰めたら行っちゃえー!って行くしかない。

後は、、きっとどうにかなる。笑。

いつも一人でいるけれど、

旅先での一人はまた違う。

自分のやり方に自分が気づくから面白い。

一つの絵が終わった後、自分で色々と前進を図ってる。

1mmでも進められればいいな。

アトリエの大掃除も始まった。

散らかった資料や書き終えた仕事のイラスト達も

ちゃんと拾ってちゃんと仕舞わなきゃ終わりじゃ無いなって

思い反省する。

今自分の力で何が描けるか楽しみだ。

元気一杯走りながら新しい絵に向かいたい。

誕生日の日、カンボジアにいる。

2019/06/02     

さっき、絵が完成した。

久しぶりの感じだった。

3日くらい前から終わってはいたけれど

手を離れたのはさっきだった。

嬉しかった。

安心した。

額装に出すまでに手を入れるかも知れないけれど

完成している。

絵が終わったらいつも乾杯する。

お酒強くないから2杯目で一人でグラっとしてるけど

いつまでも絵の前で過ごせるような。。。

そんな気持ちになった。

削ったともいうけれど、削られたというより

加えられていった気がする。

描くたびに力になった。

その力を気持ちに変えて込められた気がする。

いつまでも続けと。

自分は生き物だから居なくなる。

でも描いた絵は運良ければ残るかも知れない。

その時に、自分が載せた気持ちはきっと絵の中に生きている。

素直な気持ちや真心、

誰かを思う心、かたちがない気持ち達。

感情に形はない。でも絵の中にこめることはできる。

それがどんなに無駄なものだったとしても

届かなくても、受け入れられなくても

忘れられたとしても

響いても、響かなくても。

伝わっても、伝わらなくても

嘘はない。

私自身が忘れても、これを描いた日の自分は

永遠に織り込まれて絵に溶け込んでいると思う。

真っ直ぐしか知らない。

思い切りやる。これからも!!

 

2019/05/31     

昨日も戻らなければ、この間も戻ってはくれない。

 

でも今は、今を理解をしようとしている。しっかりとわかった気がする。

今がどんなことなのかちゃんと、ちゃんとわかってる。

それでも。

やらなきゃいけない事、自分が進めなきゃいけないことが

目の前にある。

今の心で描かなきゃいけないことがキツイ。

キツイけど頑張れる。

自分と向き合って描かなきゃいけない。

寝て目が醒めると、今年の自分の書き初めが目に入る。

「強く」だ。

笑ってしまう。強く。

走ってる時もこれ以上無理だと思うことを打ち消しまだまだ

いける、自分なら絶対できる。と思う。

そんな風に緩めない自分が時に嫌で、時に良いと思う。

でも強くなくても良いって思うし

もっと強くならなきゃいけないのかって笑える。

 

 

不思議と、描いていると清々しくなっていく

夢中になって絵の中で生きてる。

真っ白なキャンバスだったところから

今は景色が見えている。自分が初めの一本から

引いていった線が降り積もった結果だから。

最初は何もなかった

あともう少し。

2019/05/22     

これまで、

成し遂げたい事、やりたい事、願うことがあった時

叶わなかったことがあっただろうか。

たくさん叶わなかった事もあった。

けれど、結果できたことや手に入れたことよりも、

強く願ったり、それまでの過程の方を覚えていたりする。

どの記憶も

あの時あんなに強くてまっすぐに向かってた。って思い出せる。

恥ずかしいくらいだけどその時の気持ちに後悔はいつもない。

一日中絵を描いて、仕事の絵の合間に好きなものをまた描く。

走ってバタって寝ちゃう。

強くなりたいなって思うのに、ちょっぴり引いた風邪が

気管支炎になり、咳で眠ることができない。

横になると咳がこみ上げる。

小さい頃喘息で

母がずっとおんぶしてくれた。その背中でやっと眠れた記憶は忘れない。

母は。。。疲れただろうな。と思う。

愛するって強いなって思う。

強くならないと。って思う。

 

2019/05/15     

海と陸の比率。

7:3

体と水分量

7:3

f/1の揺らぎ。

倍音。とか。。。

自分の気持ち、実際言葉に出来る事

7:3?笑

自分の言葉が貧弱で、もどかしい。

「たのしかった。」ってよく使うけどなんか違う。

とっても。をつけても足りない。

すごいという言葉も薄い。

嬉しい。もなんか違う。

興奮や感謝やドキドキ、ワクワクして色々だけど

どの場面も良かったことをなんて言うだろうか?

そして不思議と笑顔になること。

なんて表現すれば伝わるんだろうと思う。

だから、すごくたのしかった。

で済ませてしまうと違う。いつも。

幸せな時間だった。

2019/05/07     

午前3時前、もう一ミリも筆を動かせないくらい。

気持ちはまだ描きたいのに、指が止まって肘も痛い。

昔痛めた薬指の腱鞘炎が懐かしいくらいに痛み出す。

世間は長いお休みだったけれど

私はずっと絵と居た。

強制的に描けるようにアトリエでもなく、普通にリビングの片隅で。

いつものこの場所なのに、キャンバスに向かうと

どこまでもいけるしどこまでも自由で、見た事のない風景に

自分自身が一番最初に到着できる。

うまくいくか、最後はどうなるかの不安が占めて緊張するけれど

放棄すればこの風景は一生存在できない。

自分で見たいなら、そこへ行きたいなら、何も考えずに

ひたすらやるしかないし描くしかない。

寝なくったって、食べなくたって絵が仕上がればそれでいいなと思う。

絵の前でよく、力尽きて寝ていた。

目が覚めるとまた描き始めて。。。昼夜とかどうでもよく

自由で自由で楽しくて、辛くて。。。悩んで寂しくて。

絵の前では寂しい。

誰とも共有できないことが想像で

私を締める胸の内や体内のものしか絵になって出てこない。

どんなに人と居ても、どんな時間を共有しても

一人になる。気持ちの奥で楽しかった断片が

美しくキラキラする。

誰にも誰かを理解できない。

だから知りたいと思う。

 

Page 1 of 2712345...1020...Last »