2019/05/15     

海と陸の比率。

7:3

体と水分量

7:3

f/1の揺らぎ。

倍音。とか。。。

自分の気持ち、実際言葉に出来る事

7:3?笑

自分の言葉が貧弱で、もどかしい。

「たのしかった。」ってよく使うけどなんか違う。

とっても。をつけても足りない。

すごいという言葉も薄い。

嬉しい。もなんか違う。

興奮や感謝やドキドキ、ワクワクして色々だけど

どの場面も良かったことをなんて言うだろうか?

そして不思議と笑顔になること。

なんて表現すれば伝わるんだろうと思う。

だから、すごくたのしかった。

で済ませてしまうと違う。いつも。

幸せな時間だった。

2019/05/07     

午前3時前、もう一ミリも筆を動かせないくらい。

気持ちはまだ描きたいのに、指が止まって肘も痛い。

昔痛めた薬指の腱鞘炎が懐かしいくらいに痛み出す。

世間は長いお休みだったけれど

私はずっと絵と居た。

強制的に描けるようにアトリエでもなく、普通にリビングの片隅で。

いつものこの場所なのに、キャンバスに向かうと

どこまでもいけるしどこまでも自由で、見た事のない風景に

自分自身が一番最初に到着できる。

うまくいくか、最後はどうなるかの不安が占めて緊張するけれど

放棄すればこの風景は一生存在できない。

自分で見たいなら、そこへ行きたいなら、何も考えずに

ひたすらやるしかないし描くしかない。

寝なくったって、食べなくたって絵が仕上がればそれでいいなと思う。

絵の前でよく、力尽きて寝ていた。

目が覚めるとまた描き始めて。。。昼夜とかどうでもよく

自由で自由で楽しくて、辛くて。。。悩んで寂しくて。

絵の前では寂しい。

誰とも共有できないことが想像で

私を締める胸の内や体内のものしか絵になって出てこない。

どんなに人と居ても、どんな時間を共有しても

一人になる。気持ちの奥で楽しかった断片が

美しくキラキラする。

誰にも誰かを理解できない。

だから知りたいと思う。

 

2019/05/03     

気づけば5月。

もう夏の気配を感じる季節になった。

相変わらず私は色々で、、この日記を読み返しても

自分の中にゆっくりゆっくりと降り積もって

大きくなっていったことを知る。

じゃあなんで?とか。どうして?とかたくさんある毎日でも

迷ったら、一度しかない人生なんだし。と達観できる

力が今の自分にはある。

全てにおいて自分が主人公ではないってこと。

遠くから思うこと、会わなくても笑顔を願うこと。

生きていることを嬉しく思うこと。

今だけかもしれないし、すぐに忘れるかもしれないし

ずっと続いていくかもしれないし、、

それはわからないけど。

10代で出会った友人を今でも元気かな?と特別に思い出す。

私にとってその友人は確実に一石を投じてくれた。

大きな影響と、大きな思い出を作ってくれた。

絵の世界の入り口を開いてくれた。

変な自信だけれど、自分と同じくらいそう思ってくれている

と信じている。

40年の間にわかっていくことは

続くことや続いていくことで生きていると言う事。

知る事ってすごい。

出会ってなかったら、と思うと感謝しかないことばかり。

存在を思うだけで嬉しい。

きっと今日も。と思うと温かい気持ちになる。

私にはできないことばかりだけど、

すごいありきたりなんだけれど

生きていルことを今日も感謝している。

2019/03/12     

この数日とても贅沢な毎日を過ごしている。

どこか旅行に行って贅沢な時間過ごしてるわけではない。。。

家にいるし変わりはないんだけど。

確定申告も終わって、いつも頂いてるレギュラーの締め切り仕事も

あと1週間くらいは余裕がある。

焦る原因になるものが今はない。

今週末、板橋cityマラソンを走る。

4ヶ月準備してきた。それがあと4日と迫っている。

不思議と焦りも不安もなく、淡々とその日を待っている感じ。

練習量をセーブして調整している。時間がある。

もうヘトヘトになるまで走る必要もないし、重い脚をひきづって

さらにjogを重ねることもない。。。

家の掃除を隅々までして、水回りの掃除を全部済ませた。

家もスッキリしてる。庭にたくさん咲いている美しい

クリスマスローズを部屋に生けたりと、、、気持ちにも余裕がある。

手を抜かずに美味しい料理を作ってモリモリ食べる。

明日の献立も決まっている。

レース前の食事は大事だし、食は元気の源。

ゆっくりと食べたいだけ食べる時間。

夜は絵の制作をしてゆったりした時間が流れている。。。

こんな風に気持ちが解放されているのは久しぶり。

どんな風に走るんだろう、どんな時間なんだろう。

と思う。

でもそれは当日まで積み重ねた練習が作ってくれるはず。

気持ちが前を向いている。

身体より前へ気持ちが存在してる。

力強く笑顔で走りたい。

走ることが好きだという表現を42.195kmの距離で

現してくる。

レースの結果はわからないけど

すごくわかったことがある。

気持ちが強ければ、そうしたいと願えば

身体は答えてくれる。表面的でない本当の

強さに近づきたい。

この4ヶ月向き合ったことがどんな風に

日曜日出せるか楽しみだ。

2019/03/02     

いつから日記書いてないか忘れるくらい。。。

今日はずっと同じ椅子に座り下絵作成していた。

下絵を固めて固めてキャンバスに向かわないと

時間が無い。

下絵がうまく固まれば迷う事なく描けるとおもう。。

心がふるふる震えて動揺する自分に

今日は驚いた。

輝きや光に吸い寄せられてその中に身を投じてみたいと

思う事もある。でも輝きは一時かもしれない。

でも心が震えるくらいの気持ちはたしかだとおもった。

まぶしいぐらいの輝きに感動したり

心震えて絵を描きたい。

2019/01/13     

2019年が始まっている。

今年はどんな1年になるかな。

去年は振り返れば一つずつがんばってたのにうまくいってない。

結果に結びつかなかった。

そんな取り組みもありだよな。。。なんてゆるく思う。

名前について思う。つくづく思うこと。

違う名前で、こういう名前で自分を表現しようとしても

必ず大島梢に戻るのだ。

大島梢の強さ。自分の名前の強さを感じる。

自分が自分に戻りたがるのかもしれないし。わからないけど。

今年も大島梢らしくいきたい。

2018/12/30     

今日は12月30日。今年残りあと1日。

本を一冊読んだり、CDを一枚聞き終わったり

身体の中に何かが通ったら通る前の自分とは変化して

気持ちが動いたり何かしら作用する。

この一年、自分の中に本当に微量に

始めは僅かな1粒が少しずつ蓄積していったような。。。

あんまり飲み込むといけないようなそんな気がしてたけど

1年間きれいに降り積もった。

一粒が山になってる。

山になるほど大きい。

伝えたい事も伝えない人に自分がなった。

そのうち忘れる。

そんな事を期待して絶対忘れない。

心に積もった1年は

深く息を吸っても吐いても軽くならない。

重いけど楽しむしかない。

走ってれば笑顔になるように。

2018/12/12     

白い紙やキャンンバスに自由に何か

描く事、何も無いところに跡を残して行く。

色を乗せたり染み込ませて。。。

鉛筆やペンでは表面を削り溝を付け描く。

自分の気持ちや感じている事胸の中で

いっぱいになっている事を白いパソコン画面に

キーボードを打って書くのも好きなんだと気づく。

こんな自分の思う事考えを誰が読んでくれるのか

そんな事も関係なくただただ綴ってみる事も

よく考えたらよくやっている。

今日のやる事は

先ず走って道をなぞる。

GPS機能の時計のお陰でマップ上には自分の軌跡が出来る。

イラストの下書きをする。

作品制作の案出し、エスキース。

夜、その日走った事をランニングブログに書く

自己満なんだけど

ときどき誰かに伝わるときがくる。

2018/12/02     

12月になった。。。

気づけば怒濤の11月は過ぎ去ってしまった。

昨日は嬉しい時間をいただいた。

40歳になっても悔しくて悔しくて

泣く事があるって楽し過ぎる。もちろん少し時間が経ったから

言えるけれど。。。

久しぶりにくやしくて泣いた。

がんばるといいことって何かを成し遂げるとか

得る事じゃなくて、がんばってるとこを見て

がんばってるねと応援してもらえる事が良い事なきがする。

適当にやってたら誰も見向きもしてくれないけど。。

泥臭くても、乱暴でも何でも一生懸命やってれば

必ず誰かが見ててくれる。

 

自分のためじゃなくて誰かの為になった方が

強いかもしれない。

昨日の帰りから気持ちがいっぱいで苦しいくらい

どうやって分解して引き仕出しにしまおうか

考えてしまう。

しまわなきゃ行けないし、通り過ぎていかなくちゃ

いけないんだろうなってわかってはいる。

わかってはいるんだけど。

走るより息が苦しい。

2018/11/16     

夜の星がきれいではっとして冬なんだなぁと

きづく。プレアデス星団の事や星雲に憧れて夜になり

見つけられるだけでワクワクしたりしてた。。

こないだ、川沿いをランニング中にものすごく美しく雪がかかってる

富士山を見ながらちょっとひんやりの風が気持ちよかった。

夏の熱風を思い出す。

あの道も、あの川の道も、そこから続く行った事無い道も、

これから走るあの道の事。

あの道にあいたくなる。

なんのために走ってたんだっけ?そうだ、この日の為だ!

とレースで気づく瞬間が好きだ。

自分で走りたい。

やれる事はやったと言える。

最後は自分だから。

42,195kmは白い紙に似ている。白い紙が大好きだった

何でも自由に描いていいから。

この距離を自由に走って良い。

どんな風に走れるだろう、走れなくて苦しんだ日々の分まで

この一年のたくさん積重ねた走りを込めて

思い切り走りたい。

この身体に感謝して、命に感謝している。

途切れない精神と強い気持ちで走る。

Page 1 of 2712345...1020...Last »