2014/12/28     

IMG_0001

今年のクリスマス用に絵を描きました。

クリスマスの絵を。と思って描いていたはずなのに

気づけば木と月の絵になってしまいました。

ツリーにオーナメントを飾りますが、

それってきっと、とても大きな素敵なモミの木の星月夜なんだろうな

と想像し描きました。私はオーナメントというものがとても大好きです。

ケーキの上のオーナメントも大好きです。

来年はもっと素敵なオーナメントを作りたいなって思います。

IMG_0004

 

2014/12/25     x’mass

今年はとても忙しくて自分の家のツリーを

飾り付ける暇もありませんでした。

昨日イヴの夜にやっと、

オーナメントをつけました。

毎年恒例となっている、ローストチキンを焼きながら

私はその間モミの木を描いていました。

モミの木の絵を描いたら今年一年お世話になった方々へ

送ろう!と思っていたのですがついに間に合わず。。。

今日もまた描いて終わらせたいけど、終わるかな?

今朝起きたら朝の日課、いつも通りのことをして

植物たちの水換えや様子見をしていたらツリーの下に

プレゼントが置いてあることに気づきました。

プレゼントとカードを見て朝から泣きました。うれしくて

うれしくて。。。その暖かさにと優しさに。。

この一年、いろいろあり。

その都度なんとか乗り越えたけれど

一見乗り越えたかのように見えてもそれは表面的で

本質的解決は自分の力ではどうにもならないことで。。

事実だけ見るととても悲惨で悲しいけれど、、

悲しむこともたくさんあったけれど

笑って楽しいことの方が上回っていたから今年も

一年過ごせた。と、この一年の終わりに気づきました。

これ以上のことは望めないんだなとさっき思いました。

いや、望みません。いまが十分です。

全然キリスト教でもないのでクリスマスは一年の感謝の日と

思っています。

神様は。なんて言うと宗教があるみたいですが

私は万物に宿る大きな存在があるような気がしています。

その神様にいつも思うことは

最近その神様が与える私への運命に気づいています。

今日もこうしていられることへの感謝。

一生懸命やらなきゃ!

 

2014/12/18     stanp

先日、友人宅に集まり楽しいひとときを過ごしました。

みんなと話してる間に、自宅で仕事していると

ことごとく知らないことが増えると実感しました。

たくさんへぇ〜と思うことはあったけど、そういう大きな事柄より

なんとなくもう大きな時代の流れが把握できていない。

という感覚がありました。

でも確かに、耳を塞いで生活してるといっても

過言ではないし、しばらくFacebookも未だにやめたLineも

自分が遠ざけて生活しているので、そうなるのも自然です。

今はネットで誰もが

写真をアップできて誰もがそれを見れる。

instagramとかアカウントを一回やめたのも

すごく残酷なこと言うといくら友達だとしても

素人が撮ったような写真ばっかり目に入って

目が慣れちゃうのが嫌になったということからでした。

いい写真、うつくしい写真ならいいんですが。。

その反面、時代の流れの中でどんどん先をかき分けて

仕事するっていうのもかっこいいし、いいものだなと

おもって、もっと友達と話さなきゃなと思いました。

世の中がLINEスタンプという流れなら

私は今、自分の絵を彫っています。

なんだか流れが同じでそこだけびっくりしています。

少し前に書き起こした絵の図案が木には細かすぎて

彫れずにゴム版でリベンジです。

しかしいま、忙しすぎてその作業ができません。。。

出来たら日記に載せたいです。

IMG_1990

大好きな花屋さんhanamidoriのはんこも

作成しました。

はんこは版画の世界なのでめちゃくちゃ魅力的です。

版さえあればエンドレスで絵が生まれるのです。

一枚の絵もいいけど、版もすばらしいです。

彫ると絶対手描きで出ない線になってしまいます。

自分のスキルのせいもあるけれど少し堅くなります。

その味がなんともいいし、

彫り残した凸の部分にインクが平滑に乗るから

抑揚が消えて均一な絵になるから面白いのです。

手彫りスタンプもいいものです!

世界で一つをたくさん押して増やしていく楽しみです。

これは自分のはんこで、とてもとても気に入っています。

IMG_0532

2014/12/10     

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

しばらくぶりの日記になってしまいました。

以前やっていたガラステラリウム作りですが

急激に始めすぎて設備も準備もなく追いつかなかったので

しばらく休み、ちょうど大きな絵の仕上げもあったので

この半年休み、そして徐々に整えていました。

そんな矢先に、花屋を営む大学の先輩から

テラリウムの注文の連絡をもらい

今度は本格的に始動しました。けど半年前に

やっていたことがすべて基盤になっていて

そのときにできなかったこと、やるべきところを

改善しさらによりよく作れるように整えました。

いつも思うのですが自分はもの作りの神様だけは

しっかり宿っている気がします。

何かが終わると、どこからか新しく別の話をもらえる。

何も作るものがなくなった後の空っぽになったとき、

体のそこからわき上がってくる熱い「作りたい」という

情熱に取り付かれてるのです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今年のこの年末はテラリウム作りに捧げました。

没頭でした。

さっきまで星のオーナメント作りで

今年もらった注文数

ちょうど作り終えました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この後作り始めるものに向けて

わくわくが止まりません。

同時にいくつかイラストを描いています。

仕事とは別に個人的にクリスマスの絵を描いていて

友達や家族に送りたいのですが

星のオーナメントも始まりはクリスマスプレゼントに

あげたらいいなって思って作り始めたものでした。

もの作りの情熱には、必ず思い浮かべる誰かがいて

自分のためになんか作るなんて面倒なことしません。

やっぱり誰かの喜ぶ顔がみたいのです!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

もの作りのサイトです。いまはガラスだけですが

木の製品も他のものも出せたらなって思ってます。

http://woodbridgecraft.com/

2014/10/22     book

今日はイラストを描いてスキャンし

アップロードをするためにPCをたちあげました。

夏に、ノートPCのキーボードを壊して以来

マウスと大きな外付けキーボードを付けてるのもあって

全然PCを開かなくなってしまいました。

気温がグッと下がってから

本を読む時間が多くなりました。

一日1冊とまではいかないけど週に3.4冊

読んでます。何でも読んでいます。

秋、楽しいのは本を持ってお茶しに行くことです。

一番理想的な時間の使い方は、絵を描いたあとジムで泳ぐか

運動をし、夜はゆっくり読書。ですが

そんなにうまくいきません。

だからやっぱりつくづく自分は一人の世界が好きなんだな

と気づきます。

読書は信じるちからを与えてくれる気がします。

小さい頃に読んだ物語の世界の頭に繰り広げた映像も

景色もどこかに必ず存在し、今も時間が流れていると思うし

現代のヒューマンドラマ的なものもミステリーも、

事件が解決し本を閉じたあとも、皆生きてると思っている。

そしてその話は続いていると思っている。

本はどこか一部を切り抜き読者として読んだだけ。

それが自分にとっての読書で、全部これは作り話でしょ。

という風に思っていたら一文字も読めません。

だから、ページを開いて読んだ瞬間怖くてしょうがないもの、

衝撃が半端無いものなどは、早く一旦終わらせないと

自分の生活もままならないので

どんなに分厚くても一気に読んでしまいます。

後にも先にも嫌過ぎて一気に徹夜で読んだ本がありますが

内容は手に取る様に覚えてるけど、タイトル忘れました。

映画化もされています。

衝撃がすごい本は家に置くことも出来ません

怖いものが苦手ですが、

それとは違ってすご過ぎて怖いのも

置いておけません。最近その本が読みたくて

仕方ないのですがつげ義春の「ねじ式」です。

怖いんじゃなくて、衝撃うけすぎるのが怖いのと

初めて読んだ時の、衝撃を思い出すと容易には

手に取れません。。。

でも読みたくてしょうがないので、買って

夫の本棚にでも置いてもらおうかなと思います。

一日雨だし絵も終わったからこのあと寝るまで

本を読もうとおもいます。。

2014/10/10     

10月になったなぁと思ってたのに

もう中旬にさしかかりつつで、日が経つ早さに焦ります。

この歳になると友達と会うことがとても特別嬉しい時間です。

なんだかんだいって、親友とは1ヶ月に1〜2回の頻度で

会っては楽しい時間すごします。心許せる存在って

ほんとに大事です。

昔はいつも一緒に居て、バイトも一緒にしたり

旅行もたくさんいったけど、今は今で面白い二人です。

話す内容も変ったし、悩みも昔とはずいぶん違うけど

これもまた10年後には変化してるんだろうなと

思い、そのことを考えると本当に時の流れを感じます。

未だに一緒に洋服を買いに行けるのって貴重だし

何とも言えず楽しい時間です。

近々二人の歴史アルバムを作ろうと話しています!

そして、かがせない親友の一人。

26歳の時に出会った希有な友人。

異性ですがもの作り仲間で年に何度も合えないけど

作品を通して会えるし、それ以外にも世界観でお話し出来る。

とても刺激になるし、とっても面白い。

いつもうらやましいと思える友人。

なにして会ってるかなぁ、と思い出す時

歩いているか、お茶しているかですが話す内容が

きっと彼としか話せない世界です。

とても貴重です。

そろそろ連絡しようかな..と思っていました。

二人に共通するのは、どちらともなく会えること

facebookやsnsで近況がわからないことです。

2014/09/30     

 20140930

久しぶりに100cm長辺の絵を完成させた。

この絵を完成させることにより、自分も新たに思うことが

出来て次へ向かう気持ちが生まれました。

毎回毎回思うことだけど本当に絵を描くことは難しい。

自分が一本ひく線や塗って行く面だけが頼りで

最初に何も無いからそこが全てになる。

ただ本当に自由でそれが魅力だと思う。

201409301

ありふれているかもしれないけれど

青い色には美しさが宿っていて憧れているのに

毎日目には写る不思議な色

絵を描くことは、水を動かすことだと思う様になって

さらに青に対する気持ちが変化した。

青だけの絵を描くことにより

この世の美しいものにたくさん出会えるように。

という気持ちを込めました。

2014/09/19     

風邪も治って、、気づけば!かねてから

作業中だった絵の締め切りが近づいていて、毎日青ざめるという

日々です。その合間にイラストの締め切りもあり・・・

とにかく、描くしか無い!!

と、一日中絵の前に自分を固定しています。

来週、上海からコレクターさんが来て

絵を渡す約束です。

その方とはお会いするのは二回目、

その後メールのやり取りなどを通し

仲良くさせてもらっていて、その方の息子さんの

誕生した記念の絵を頼まれていました。

なかなか来日のスケジュールが合わず、

やっと来週お会い出来るわけです!

とりあえず描きかけであった絵を必死で

今仕上げていますが

とにかく難しかったけど、

こういう絵を描かせてもらったことに感謝です。

私としては友情のプレゼントだと思い

描いていました。

その気持ちが届くと良いな、というのと

この絵に自分なりにいろいろと詰めたので

息子さんの中に届くことが出来たらな、、、と

思いつつ、完成まで頑張ります。

2014/09/09     

季節の変わり目+長雨に必ず体調崩します。

喉から始まり、、すぐ耳鼻科いって治りかけて調子のって

ジム行ってしまうから悪化、そこでようやく寝込む。

というのが毎回のパターンで今回もこんな感じです。

今日は再び病院へ行って良くなって。。明日は楽しみな

エアロの日だけど明日行ってしまうともしかしたらぶり返す

おそれあり!でも休みたく無い!のジレンマ中です。

しかも今は納品が迫った絵と、毎月のイラストも締め切りが

あって全然時間ないから・・・・

考えれば、どうするべきかわかるのですが。。。

今日もしっかり寝て、明日は大人しく制作し

安静にしておくのがいいのはわかってるけど。。。

体動かしたいなぁ。。。

でもそれは気持ちだけで、体はだるさが抜けていません。。。

こういう時20代の頃とは違うなって痛感します。

絵も描きたいし、運動もしたいし。両方思い切り出来る日は

すごく充実して清々しいです。

2014/09/03     

さっきプール帰りに母からメールが来て

“今電車だけど、あんたのエアロビクスの先生が隣に座ってる!”と。

そんなはず無いし、まず母は先生にあったことも見たことも無い。

何を根拠に言ってるかというと、

ただただ、私がいつも話す先生像がかなりリアルになって

隣に居る女性がエアロの先生ではないかと思い込んでしまったみたいで・・・

母に直接風貌を聞いてみると、結構近かったけどやっぱり違う

気がしました。もしも先生本人だったらすごいけど

今となっては何もわかりません。。

いま、36歳になって先生!って呼ぶ存在って先生だけです。

本来集団で何かするのが大の苦手で、一人で走るとか

一人で泳ぐとかしかできなかったのですが、9年前

先生のエアロビクスを見てその魅力にどっぷりはまりました。

まず、“出来ないから”です。出来ないことに挑戦する楽しさ!

出来ないから悔しくて、恥ずかしくてまた悔しくて・・

あと、今まで個性をいかに発揮するかという世界にいたから

集団で同じ動き、音にあわせる。それだけで本当に自分に取っては

難しいことでした。なぜか体は思う様に動かず、反対へ行ってしまうんです。

それは今でも治らないけど笑。。合わせる。ってことが難しい。

でも最近、先生のエアロはよく自分を出せってって言っているのです。

出したいけど、まずついて行くのにいっぱいいっぱいで個性を出すなんて

自分はもってのほかですが、先生のエアロはものすごいパワフルで

バネが靴に内蔵しているんではないか!っていうくらい

軽いんです。しかもうつくしい!!

同じ動きでもこうも違うんだ!といつも見とれてしまいます。。

もう一つ尊敬するのが体のすごさ。

無駄な肉などついてなくて、筋肉がきれいについていて

筋トレのプログラムも週に1回あるのですが、まず先生の

腕立てをこっそり見るのが楽しみだったりします。

エアロビクスそのものが好きというわけじゃないので

他のインストラクターのは出たことはありません。

9年間、行けない時期もありました、今でも

色々と休まざるを得ないときもあります。でも先生の

エアロビクスに出ると尋常じゃないほど汗をかき、

必死でやってるうちに心からあぁ、楽しいなぁーとおもいます。

そして帰り道の清々しさはこれだけです。

色々悩みがあっても、何かに直面していても

一時、忘れさせてくれるエンターテイメントです。

だからいつも先生が末永くエアロビクスを続けてくれたら

いいなと陰ながら健康をお祈りしています。

Page 21 of 30« First...10...1920212223...30...Last »