2014/01/11     succulent

本当に寒い冬がやってきました。

けど最近籠ってばかりなので冬をあまり体感していません。

20140111

 

今日は朝、庭の水が凍っていました

午前中は結構ゆっくりして掃除したり洗濯したり、植物を手入れしたりします。

植物は刻々と変化しているので、訴えてくる何かを良く見て感じてあげなきゃ

冬は越せません。真夏も難しいけれど、真冬も難しいと感じます。

ほんの少しの1、2ヶ月を耐え忍ばせる!のがキーワードらしく、、

植物と言っても多肉植物が中心です。

多肉植物の一種である、サボテンもチランジア(エアープランツ)も

たくさんありますが、それぞれのmy師匠が居てその師匠の本を読んだりして

勉強しています。

師匠達の植物への愛が本当に素晴らしいです。

私もいつか山と海があるような自然な場所に住み、大きなビニールハウスで

サボテンやチランジアを育てたいと夢見てます。

 

庭にはムスカリや水仙の芽が続々と顔を出しています。

植物や自然にとってはもう春へ向けて成長していて

家の中に入れた多肉達の中には新芽や子株が出来ていて

本当に可愛いです。

20140109←子株発見!

何年か前、友人が水仙の球根を株分けしてくれました。

その日はとても大雪になって寒ーい日でした。その水仙は毎年毎年出てきて

しかも数が増えています。

先日その友人の植物展があり、行ってきましたがほんとうに欲しいものが

わんさかありたのしかった。その時にも竜舌蘭を譲ってもらい枯らさないように

大事にしています。

だけど彼は巨大な竜舌蘭の株分けを無数に作っていました。

思い出すだけで笑えます。おもしろいなぁって思います。

ほんとうに面白くて素敵な友人です。

植物の交換ってとてもいいなって思います。

 

その植物が育つ度、花を咲かせる度に

季節を思い出し、もらった日の事を思い出し、またもらった人を思い出し、、

だから植物って本当にすばらしいです。