2020/02/23     

1月の夢だった大阪国際女子は

思うようにいかなかった。大きく故障もしている。

いつもフルマラソンの後はびっこをひいて帰るから

今回もちょっと酷いくらいって思っていた。

少しずつ、走れてはいるものの、

ハッキリ言って完治してない。

どこが悪いのかハッキリしてないし痛い場所も

ハッキリしないのに走ると痛いのは無くならない。

走ってたことが夢だったみたく思える。

今走ろうと思えば痛いながら5kmはいける。でも

それはやっぱり違う。

あの、走りがしたい。

もう一生できないんじゃ無いかなって

いうくらい自分の足じゃ無い。

心が折れるのが先か、

治るのが先か。

こうして故障するには何か原因があったと思う。

気持ちの面で。精神的なところで。

慢心があったかもしれないし、いつの間にか

数字にこだわりすぎていたかもしれない。

過信もしてたと思う。

いつも体が応えてくれてたから調子に乗ってたのかもしれない。

反省もしてるし

色々振り返ったし

エリートレースの棄権届けも書いた。

もうすぐ1ヶ月経とうとしている。

一度走ることを忘れたら良いのかもしれない。

だけど大好きだからどうしようもない。

努力がしたい。

努力できないって実は寂しんだ。。。

今日も走らなかった。

いつもならこの時期慌ただしくて家のこと振り返れないけど

庭にお花を植えて、お雛様も早めに出して

仕事して。。

この蕾が咲く頃には走れるかな。。。とか思う。

あんなに乱暴に走ってごめんと思う。

41年も共にしているこの身体がまさか走ってくれると

思ってもみなかった。喘息持ちで、

冬に走るなんて一番苦しいから、長距離走る発想がなかった。