2019/08/27     

北海道に行って純粋にフルマラソンだけを走り

帰ってきた。北海道でもう少しゆっくりしたかったと思ったけど。。

あの道と距離だけが思い出になった。

走ったのはまだ昨日のこと。

ずっと走りながら自分と対話し集中し何も見なかった。

予想も計画も当てはまらず、走っているうちに自分が

どのくらい走れるのか自分で気づいて行った。

練習したんだなってその時思った。

最後のゴールまでの数百メートルは道にたった一人で

ものすごい数の人に見守られて応援してもらって

鳥肌がたった。

すごく焼き付いている。

角を曲がったらすぐにゴールだよ!と言う声が聞こえ

角を曲がるとゴールが見え、電光掲示板で初めて

自分のタイムを知る。もう腕の時計をしばらく見てなかったから

どのくらいのタイムか知らなかった。

走って来た時間を知る。

嬉しかった。

とても嬉しかった。

こんな風に走れて幸せだと思った。

 

笑顔で元気に走りきることができた。

北海道という空気を思い切り吸い、

走ることがどのくらい好きかの順位をつけてもらった。

自分の意思に反応しついて来てくれる体が嬉しかった。

とても満足している。